メディカルチェックではメンタルケアも大事!

スポーツに打ち込む選手は、体に不調を抱えやすいと言われています。競技によって体に生じる障害には違いがあったり、若い選手の場合は身体が出来上がっていないため、激しい運動によりスポーツ障害を負いやすいからです。このようなスポーツマンによるある障害に対し、予防効果があるのがメディカルチェックです。

スポーツ分野でのメディカルチェックは、医師や看護師が行っています。スポーツマンの身体の障害を防ぎ治療を促すため、検査には医療従事者の存在が必要不可欠です。また、時には、不安を抱えるスポーツ選手のメンタル面のサポートも必要になるでしょう。

スポーツ選手にとって怪我や病気は、精神的なプレッシャーが大きいものです。選手生命に関わる怪我や病気もあるため、メディカルチェックを受ける選手は少なからず不安を抱えています。そのような精神状態にある選手たちを精神面で支えるのも医師や看護師の役割の一つです。検査に携わるスタッフは、内科や整形外科関連の検査方法についてノウハウを持つことはもちろんですが、メンタルケアに関する専門的な知識を持っている方が好ましいでしょう。

特に医師よりも親近感を感じやすい女性看護師は、スポーツ選手たちの心の支えになれる存在かもしれません。なぜなら、女性アスリートの場合などは、抱えている悩みを男性医師や看護師には打ち明けにくいからです。女性アスリートの活躍が目覚ましい昨今、メディカルチェックに女性看護師が関わることは、有意義であると言えるでしょう。